レバレッジについて

2014.7.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

レバレッジとは、本来の意味としてはてこの原理になります。FXでは、小額で大きな取引をする事を指します。理由としては、FXでは証拠金とも呼ばれる投資資金の最大で25倍程度の取引が可能な会社が多いからです。

 
取引が可能な金額が大きくなればなるほど、利益も大きくなりますがリスクも高くなります。初心者のうちは、小さな枠で試して慣れる事が重要です。最初のうちは、1から3程度の設定で取引をするのが良いです。通常は1万通貨で取引を行う事が多いのですが、10分の1の通貨量から始めるのが良いです。会社によっては、この様な小額のの売り買いも可能です。取引に慣れたら、自分に無理が無い範囲で倍率を上げていきます。

 
相場の上下の動向が理解できるようになったら、徐々に倍率を大きくすると良いです。金融市場のニュースには常に注意が必要です。特に使用している通貨の国の経済ニュースを知る事で、今後のレートの上下が予測出来ます。

 
FXで何故このような取引が可能かというと、取引で生じた差額金額のみ決済をするからです。取引のたびに金銭の受け渡しをしている訳ではありません。取扱手数料は、倍率に比例している事が多いです。
損益の計算は、取引で生じた差額をもとに行います。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。