スワップポイントについて

2014.7.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

スワップポイントとは、FXでは2通貨間の金利差を意味します。FXでは、金利が違う2種類の通貨を売買します。この取引により、金利の低い通貨を売り注文し、高い方を購入すると発生します。2つの通貨の金利差を調整するのが目的です。日本の低金利が続く間は、この方法で利益が発生します。
FXでは、日本の金利と異なるオーストラリアドルを取引している人が多いです。これは、オーストラリアドルの金利が、3%から7%程度で比較的に安定しているからです。金利差が大きい通貨を選べば、受け取りも増えますが支払いにも影響をします。金利が高い外国通貨を購入し、低い通貨を売却すると受け取ります。

 
この逆の取引を行うと支払うので注意をします。

 
通常は、取引日の2営業日に発生します。取引通貨の国の土日や祝日により、この発生日がずれるので注意が必要です。暦によっては、原則に該当しない日にちがあるからです。

 
取引国のカレンダートポイント表を確認して取引を行います。このカレンダーで、発生する日にちや持ち越しになるかなどを計算して取引をします。
長期間保有する事も可能です。取引を必ずしも毎日する必要はありません。持ち越しによって利益をプールする投資家も多い方法です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。