為替レートの読み取り方

2014.7.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

外貨預金とFXの運用時に非常に大事になってくるのが為替レートです。
テレビのマーケットニュースでもよく見かける複雑な数字の羅列、それこそまさにそれなのです。
一見複雑に見えますが、一度理解してしまえば簡単に読み解くことができるため、以下のワードは覚える必要があります。
まず、BidとAskについてです。Bidとは売値のことで、外貨を売る際にはこのBidの金額で売ることになります。逆に、Askとは買値のことで、外貨を買う際にはこのAskの金額で買うこととなります。
次にChangeについてです。Changeは前日の終値からの変化の幅のことで、上昇率や下降率を表します。
最後にOpenとHi、Lowについてです。
OpenはマーケットがOpenしたとき(営業日開始時)の値段、すなわち始値を表します。
マーケットニュースなどでは始値と呼ばれることが多いため、Openは始値のことと理解しておくと解りやすいです。
また、HiとLowに関しては、高値と安値を表します。
Hiは高値のことで、営業日または特定の期間のなかで最も高いレートのことを指します。
逆にLowは安値のことで、営業日の中で最も安いレートを指します。
以上のワードは必要最低限な知識なので、見ただけで理解できるようにする必要があります。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。