為替が変動する原因

2014.7.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

為替レートが変動する主な要因としては、その国の経済情勢や社会情勢が悪化するとレートは下がり、国としての信用が上がればレートは上がります。また、レートには2つの種類があり、毎日変わるレートを変動相場制、ずっと固定されているのを固定相場制と言います。固定相場制の場合、どんなに経済が悪くなっても、その国同士で決められたレートが適用されるため、崩れることはありません。

 

 
また、レートが動く要因としては、投資家がその国の通貨を一気に購入した場合は、価値が上がるためレートが高くなる傾向があります。例えば、ギリシャの信用不安で、投資家の人たちはユーロを手なばして、比較的安全な日本円を購入した事例を思い返してみると、この時日本は一時、円高になりました。
これは、日本円の価値が上がったため、市場に日本円の在庫がなくなり、価値が急上昇したために発生したものです。反対に、ユーロが手放されたため、市場に大量に余ることになり、ユーロ安となりました。結果、円高・ユーロ安という結果を招き、一時的に世界が混乱しました。

 

 
このように、レートが変わるという時には、何らかの事情があり、多くの人が手放したり、購入したりするため変わるのです。ニュースなどで経済の動向をつかめれば、損失を出さなくても済むようになります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。