外貨預金とFX

2014.6.27|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

FXをしている人や、これから始めたいと言う人に外貨預金の違いを簡単に説明します。
通常、外国のお金を銀行に預ける事も出来る場合があります。もちろん外貨価値により得をしたり損をしたりします。
この時に元のお金に戻す時に手数料が発生します。銀行の場合この手数料が会社より高い事が多く損に繋がる事が多いようです。また営業時間や曜日により銀行の場合、限られてしまいます。ネット市場の場合、世界中どこかのマーケットが時差の為、空いている可能性が高くほぼいつでも取引が可能です。
銀行の強みは基本的に為替レートが1日ずつ変わる事です。常に変動するタイプよりも取引がゆっくり行える場合があります。
利息は金額は若干事なる場合がありますが、どちらも付きます。
次に保障問題です。銀行が潰れた場合、外貨は預金保険制度の適用外になる事があり、帰ってこない場合があります。会社の場合、顧客から預かった資産の全額を会社の資産とは別に金銭信託するように法律があり会社が潰れても預けたお金は戻ってきます。
他にも解約時に銀行の場合、契約上解約出来なかったり利息が削られる場合もあり注意が必要ですが会社の場合、いつでも取引可能の所が多いようです。
お互い良い所、悪い所はあります。自分にあったタイプか調べる事が大事です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。