円高、円安が意味すること

2014.7.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

FXとは、外貨為替取引の一種です。為替とは、円と外貨の交換比率を表します。交換比率は、レートとよばれる事が多いですよく耳にする外貨預金は、外国に預金をする事なのでFXとは別になります。
FXの売り買いは、円高と円安ではするべき行動が異なります。FXの取引は、レートの動向を予測しながら売り注文あるいは買い注文をして利益をだす方法です。取引窓口の多さやレートの情報入手のしやすなどから、米ドルと円をFXで使用している人が大半を占めます。
FXの考えとして、例えばドルがやすい時期に購入し、レートが上がったら売ると差額が利益になります。FXを行うには、手数料がかかるので注意が必要です。売買による利益が、手数料の支払い後にいくら残るか計算をすると良いです。手数料は、FXの取引会社によって異なります。一般的には、目安となる単位として1万ドルをFXの売買で取り扱うと300円から1000円程度です。
この手数料は、外国の銀行に預金をする費用のおおよそ10分の1程度に該当します。FXが若い世代を中心に行われるのは、手数料が比較的に少なくて済むからです。
また、自分の好きな時間を利用してインターネットなどでも売り買いをする事がFXが普及した理由になります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。